黒汁(KUROJIRU)は食前がおすすめ

黒汁(KUROJIRU)は食前に飲むのがおすすめ

黒汁(KUROJIRU)は食前、食後、食事がわり、おやつがわりなどいつ飲んでも構いません。

ではどのタイミングで飲むのが一番効果的なのでしょうか?

おすすめは、黒汁(KUROJIRU)を食前に飲むことです。

食前に飲むことで以下のようなメリットがあります。

食べ過ぎを防ぐ

黒汁(KUROJIRU)は黒糖の自然な甘みと玄米の香ばしさが薫る和テイストの味で、飲むだけでまずその美味しさに満足することができます。

また水分を含むと膨らむことで腹持ちが良く、栄養価も高いためダイエット食品として重宝されているスーパーフードの黒チアシードが含まれています。

味で満足感が得られ、腹持ちもよい黒汁(KUROJIRU)を食前に飲むことで、その後の食べ過ぎを防ぐことができます。

脂肪の吸収を妨げる

黒汁(KUROJIRU)に含まれる食物繊維やポリフェノールには、脂肪の消化吸収を妨げるはたらきがあります。

食前に飲むことで余分な脂肪分の吸収を防ぐことができます。

黒汁(KUROJIRU)の栄養素の吸収率が高まる

食前の空腹時に飲むことで、黒汁(KUROJIRU)の豊富な栄養素や美容成分の吸収率を高めることができます。

こうした理由から、黒汁(KUROJIRU)は食前に飲むのが一番おすすめです。

食後に飲むのはどうでしょうか?

黒汁(KUROJIRU)を飲むタイミングで一番おすすめなのは食前だということがわかりました。
では黒汁(KUROJIRU)を食後に飲んだ場合の効果はどうなのでしょうか?

食後に飲んだ場合ももちろん効果はあります。

食事量を計画的に減らすことができる

黒汁(KUROJIRU)を食後に飲むことを前提に食事の量を減らしておけば、計画的にカロリーカットができます。

食事量を減らしても、黒汁(KUROJIRU)の自然な甘さと香ばしさの和風味や腹持ちの良さで満足感と満腹感が得られます。

食後のデザートのカロリーカット

食後についつい甘いものを食べたくなる、食べてしまうという人も多いのではないでしょうか。

黒汁(KUROJIRU)には黒糖が入っていてほんのり甘さがあるため、食後に飲むことで満足感が得られます。

またついつい食べがちな食後のデザートを、黒汁(KUROJIRU)を使った低カロリーデザートに置き換えれば大幅なカロリーカットができます。

付録のアレンジレシピブックには開発者の住谷杏奈さん考案の黒汁(KUROJIRU)を使ったデザートレシピなどが数多く載っていますので参考になりますよ。

このように黒汁(KUROJIRU)は食後に飲んでもダイエットに対するメリットがあります。

飲み忘れを防止するために、食前でも食後でも飲むタイミングは一定にしておくのがおすすめです。

>>黒汁(KUROJIRU)公式サイト