黒汁(KUROJIRU)で宿便を解消?

黒汁(KUROJIRU)で宿便を解消できる?

黒汁(KUROJIRU)を飲んでいたら便秘が解消した、という口コミをよく見かけます。

その中に気になる口コミが。

「黒汁(KUROJIRU)で宿便も解消できた」というのです。

そもそも宿便とは何なのでしょうか?

そして黒汁(KUROJIRU)は宿便を解消するのでしょうか?

そもそも宿便とは

宿便の定義はやや曖昧で医学的にこうした用語は存在しません。

ただ一般的に、便秘などでうまく輩出されず腸内に長い期間たまったままの古い便、といったような意味で使われています。

宿便の影響

野菜不足やストレスや睡眠不足など様々な原因で腸内環境が乱れると、腸の動きが鈍くなって便秘がちになり、結果宿便をお腹の中に抱え込むことになります。

宿便が腸内にとどまっていると腸内の悪玉菌が増え、さらに腸内環境が乱れる悪循環に。

腸内環境の乱れは免疫力の低下にもつながるので健康のためにもよくありません。

宿便の解消に何が効果的?

宿便の解消には、便秘と同じく食物繊維や乳酸菌など腸内環境を整えてくれる成分を含む食品をとるのが一番です。

植物性の食品も便の腐敗を防いでくれる効果があるため、宿便の予防に効果的です。

黒汁(KUROJIRU)には250種類以上の植物や果物発酵エキスが配合されているため、食物繊維が豊富に含まれています。

また良質な2種類の乳酸菌が1包に約100億個も含まれています。

こうしてみると、黒汁(KUROJIRU)が宿便の解消に非常に効果的なことがよくわかります。

脂肪の吸収を防ぐ効果もあるの!?

炭のデトックス作用によってすぐれたダイエット効果を得られることで話題の黒汁(KUROJIRU)。

その高いダイエット効果ははたして、デトックス作用によるものだけなのでしょうか?

たとえばダイエットを志す人にとって最大の敵である脂肪。

黒汁(KUROJIRU)は脂肪の吸収を妨げる効果などもあるのでしょうか?

脂肪は体内の様々な臓器で消化され小さく分解されてから、小腸で吸収されます。

こうした脂肪の消化や吸収を妨げる成分が、食物繊維ポリフェノールです。

食物繊維のはたらき

食物繊維は分解された脂肪を包み込んで、脂肪が小腸から吸収されるのを防げます。

吸収されなかった脂肪はそのまま便となって排出されます。

ポリフェノールのはたらき

ポリフェノールには脂肪を分解する消化酵素のリパーゼのはたらきを阻害する効果があります。

リパーゼがはたらかなければ脂肪が小さく分解されないため、小腸で吸収されにくくなります。

さらに小腸粘膜にもくっついて脂肪の吸収をさらに妨げる効果もあります。

黒汁(KUROJIRU)には豊富な食物繊維が配合されているうえ、乳酸菌や炭のデトックス作用で便秘解消効果もあります。

また9種類の黒成分のうち、黒ジャバラや黒スグリや黒ニンニクには豊富なポリフェノールが含まれています。

つまり黒汁(KUROJIRU)は脂肪の消化吸収を妨げながら、吸収されなかった脂肪もしっかりと体外に排出してくれるのです。

>>黒汁(KUROJIRU)公式サイト